季節と日本のうつわ

日本のうつわ、つまり「和食器」は、食事をより美しく見せるため、色々な素材や形を用います。

漆器に陶磁器、ガラスのうつわなどの素材ごとに、保温などの機能性や、温かみや涼しさなど見た目の印象も変化します。その様々な様相は、食事と相まってミニマルな美を作り出すでしょう。

特に、季節ごとの食事を楽しむ時が、和食器の本領発揮の時。日本には春、夏、秋、冬の四季があることはよく知られていますよね。(この四季に梅雨季、秋雨季をくわえ、六季があるとも言われています。)それぞれの気候や草花、生き物たちの様子の変化は、日本人の美意識に大きな影響を与えてきました。

また、この四季をそれぞれさらに三つに分けた「二十四節気(にじゅうしせっき)」、さらにそれらを三つに分けた「七十二候(しちじゅうにこう)」をご存知でしょうか。これらは中国から取り入れられ、「七十二候(しちじゅうにこう)」については、日本の四季に合わせて名称が改定された季節の区分です。

たとえば、「立春」は二十四節気の中の最初のひとつですが、それらの節気の一つひとつに、さらに七十二候による3つの区分があります。立春の「初侯」は「東風解凍(こちこおりをとく):東風が厚い氷を解かし始める」という季節。2番目の「次候」は「黄鶯睍睆(うぐいすなく):鶯が山里で鳴きはじめる」。最後の「末候」は「魚上氷(うおこおりをいずる):割れた氷の間から魚が飛び出る」というものです。

これ以外にも日本には、節分、彼岸、土用、八十八夜など、「雑節(ざっせつ)」と呼ばれるものもあり、今でも色々な行事が行われています。

このような日本独特の季節のうつろいは、先人の感性を豊かにし、きっと、工芸などのものづくりのためのヒントにもなったことでしょう。

それでは、今回は二十四節気・七十二候を取り入れつつ、日本の季節とぴったりな和食器について、少しずつご紹介していきます。まずはスタンダードに、季節の代表である四季を中心に見ていきましょう。

0 Shares:
You May Also Like
続きを読む

季節とうつわ -白露(はくろ)-

9月に差し掛かると、二十四節気も第十五期の「白露」へと移ります。夏の暑さもだいぶ落ち着いて、前の「処暑」よりもさらに過ごしやすい気候になるでしょう。 「白露」とは、大気が冷やされ露が結び始めるころ、とされる期間です。北の…
続きを読む

季節とうつわ – 秋分(しゅうぶん)-

厳しい夏も終わりを迎え、9月も22日ごろになると、昼と夜の長さが同じとなる「秋分(しゅうぶん)」の頃を迎えます。 そして秋分とは、春分や冬至などと同じく、二十四節気の一つにも数えられる季節の区分でもあります。 爽やかに澄…
続きを読む

季節とうつわ -寒露(かんろ)-

10月に入ると、二十四節気は第17番目である「寒露」の季節へ移ります。 寒露の期間は10月8日ごろから10月22日ごろまでという、10月をまるっとしめるもの。「10月といえば寒露」といえば、覚えやすいでしょう。 秋もこの…
続きを読む

季節とうつわ – 芒種(ぼうしゅ)-

6月5日頃から、二十四節気は「芒種」へと移ります。沖縄では一つ前の小満と芒種を合わせて、梅雨の期間を表す「小満芒種(スーマンボウスー)」と呼ぶそう。 本州でも、芒種の頃には梅雨シーズンの訪れを感じられるでしょう。じめじめ…
続きを読む

季節とうつわ -小暑(しょうしょ)-

夏至を過ぎると、じめじめとした天候の続く梅雨も沖縄や奄美の地域から段々と明けはじめ、この一年に夏がやってきます。 梅雨の始まりには肌寒かった雨の日も、徐々に蒸し暑さを感じるようになるでしょう。この頃には、衣替えが済んでい…
続きを読む

季節とうつわ -霜降 (そうこう)-

二十四節気(にじゅうしせっき)によれば、10月後半からは「霜降(そうこう)」という季節。木の葉が色づきはじめ、大気中の水分が冷たい北風をうけ、霜となって土に降りる頃とされています。また「霜降」の季節のあいだにもさらに、七…