「もの」と「たま」その2

日本のアニミズムを代表する神道の理念に基づけば、霊、すなわち「カミ」は全てのものに宿り、樹木や岩石、台所や米粒のひとつにも、尊ぶべきカミが在るとされます。

オカルト話のように、なにか人型の「お化け」のようなものが取り付いているんだよ、というものではなく、ここでいう「カミ」というのは「現象」や「精神」のようなもののこと。

それが具体的にどのようなものかといえば、道具をたとえにするならば、宿るのは「作り手の精神」や「使い手の精神」ともいえるでしょう。

この世にある全ての生き物そして無機物までも、誰かや何かと関わり合いながら、影響を与え合いながら存在しています。その「在る」という現象を起こしている「不思議」のことを、神道では「カミ」というのかもしれません。

その「カミ」を大切にするということにおいては、私たちが日常的に使う道具も、使いすてのものを極力求めず、ひとつのものを出来るだけ長く使い続けたいところです。そのためには、丈夫なものや、壊れても直して使い続けられる、また使い続けたい、と思える素敵なものに巡りあいたいですね。

また、日本には人の道具に対して、特別に思い入れを持っているかのような逸話もいくつかあります。100年使い続けた道具が意思を持ち始めるとか、亡くなった人の道具も一緒に「あの世」に送るとか…。

今回は、生活のなかの道具と関連して、アニミズムの考え方についてお話ししていきます。

0 Shares:
You May Also Like
続きを読む

「もの」と「たま」 その1

ある時、古い着物や雛人形などにある、日本の文化独特の雰囲気や「匂い」に触れることがありました。そのとき、ハッと目が覚めるように、自分の足元に隠れていた民族性に立ち戻るような心地になりました。それほど、日本という自分の「属…